クリスタルガラスの鉛について

<鉛のクリスタルガラス>

一般的なクリスタルガラスは24%以上の酸化鉛(lead crystal レッド)を含み、スワロフスキー社製品も以前は30%以上の酸化鉛(full lead crystal フルレッド)が使われていました。鉛を強度限界まで混ぜることでより輝きが増し、クリスタルガラスは一躍人気となり高級ガラス製品としてシャンデリアやトロフィー、グラスなど様々な場面で使われるようになりました。ところが2000年を過ぎた頃、欧米各国の大手メーカーで販売されていた海外製アクセサリーから大量の鉛が検出されたことから回収騒ぎが巻き起こりました。このことから2006年EUでは特定有害物質の使用を制限するRoHS(ローズ)指令が施行されることとなりました。この動きによりスワロフスキーのクリスタル製品の一部が欧州で販売規制されたといわれています。そのため同社は2012年、「SWAROVSKI Advanced Crystal」(= AC / lead free crystal 鉛不使用クリスタル)の販売を発表しました。アドヴァンスト クリスタルは鉛を使うことなく強い輝きを保つスワロフスキー社独自の製法で特許を取得し、クリスタルの持つ美しさと安全性を両立させました。
 詳しくはこちらSWAROVSKI PDF file(professional swarovski.com)へ

クリスタルガラスは完全にガラスに溶け込ませているため、万が一舐めたり飲み込んだりしても溶け出すことはないといわれています。そうは言っても、素材を扱う者としては鉛が使われていない方が安心です。

注意しなければならないのが金属に含まれる鉛だと思います。
特にメッキが施されていない金属を使用することは子供やペットが舐めてしまうと含まれている鉛が溶け出して体内に入る恐れがあります。
数回使用しただけで剥がれてしまうような海外メッキ製品とは異なり、日本国内で行われるメッキは美しく高品質だといわれいます。私共は出来るだけ国内メッキの施されているメタル素材を使用したいと思っております。

とはいっても基本として金属を使用したアクセサリーは鉛の有無に関わらず、小さなお子さんやペットが舐めたり飲み込んだりしないようにどうかご注意いただきたいと思います。
c0334283_15085422.gif
スワロフスキー社製クリスタルガラス


・・・written by fufu.
Copyright © 2011 lulufufu All Rights Reserved.


[PR]
# by lulufufu | 2014-10-23 11:20 | 素材入荷~こだわりの素材を集めて
合金メッキと鉛のクリスタルガラス
装飾品に使用される金属素材は主に、金・銀・銅・鉄・錫・鉛 などがあります。
それぞれの金属を混ぜたり、必要な場合は表面にコーティング(鍍金)してアクセサリー素材として扱われます。

金(純金・本金)や銀などは貴金属としてジュエリーに分類されます。とくにメッキの必要はありませんが銀は変色を防ぐためロジウムコーティングが施される場合もあります。

それとは別に、合金のアクセサリーは豊富なデザインと手軽さで普段使いとして好まれています。昨今、合金やフェイクパーツを使ったアクセサリーは「コスチュームジュエリー」としてのジャンルを確立し、独創的で華やかなアイテムを作り出して人気を博しています。特に人気の高い品は愛好家の間でプレミアの付くこともあります。

アクセサリー素材として扱う合金の一部を簡単にメモしました。
  • 真鍮・ブラス /適度な強度、扱いやすい、世界的に使用量が多く価格が変動する、楽器や5円硬貨に使用 /品数が最も豊富
  • 錫・ピューター /適度な硬さ、扱いやすい、毒性もなく食器にも使われる /ある程度の品数(海外製が多い)
  • 鉄 /比較的安価、硬い、重い、錆やすい /品数が少ない
  • アルミ /非常に軽い、柔らかい /品数は少ないが大ぶりチェーンなどに特化している
  • ステンレス /錆び難い、強度がある、装身具として日が浅い /品数が少ない
  • チタン /アレルギー対応素材、錆び難い、比較的軽い、強度がある、加工が大変 /品数が少ない
  • 洋白 /銅・亜鉛・ニッケルの混合、粘りと耐食性は真鍮に勝る、500円硬貨(低ニッケル) /品数は多い
  • ニッケル /イオン化しやすい、金属アレルギーを起こしやすい、メッキ材として装飾性を高める、芯材の表面を滑らかにする /メッキの下地に使われる(※ニッケルフリー以外)
  • 亜鉛 /耐腐食性、防錆性、防錆メッキ材、毒性低い、収斂化粧品に使われる、必須ミネラル /芯材の合金に含まれる
  • 鉛 /非常に柔らく切削し易い、低融点、体内に入ると毒性、釣りのおもり /中国製品やクリスタルガラス(鉛ガラス)に含まれている
※記載した特徴はあくまでも私見ですので予めご了承下さい

アクセサリーに含まれる鉛についてまとめました。

<鉛と合金とメッキについて>
メタルアクセサリーは芯材に合金を使い、表面に変色防止や古美(アンティーク)加工などのメッキを施します。メッキは薄い皮膜のため摩擦や経年劣化などで剥がれることがあります。海外の粗悪なメッキはすぐに剥がれたり変色しやすかったり、基準値を超える鉛や有害物質が検出される恐れがあります。また金属は硬いほど加工技術が難しく素材も高価です。このため切削しやすくするのと価格を抑える目的で安価な海外品には鉛が使用されているといわれています。
私はこうした問題を未然に防ぎたいという思いから、安ければいいという不安な素材は出来るだけ避けるようにしています。

~ 厳選した素材のアクセサリー ~
当ショップの鉛不使用アクセサリーは、高級なアメリカのメーカーが製造しているメタル合金素材を使用しています。鉛不使用のアクセサリーをご希望でしたら“lead free”と表示してある作品をおすすめします。

メッキ加工についても日本国内で行われた物の方が美しく品質が安定しています。永久に剥がれないわけではありませんが不純物が少なく高品質といわれています。
私自身、鉛不使用(lead free レッドフリー)など特に魅力的な素材で無い限り国産のメッキ製品を使いたいと思っています。
ショップでも積極的に国産メッキ素材を選んでいます。
こちらも“国産メッキ”と表示するようにしていますので参考になさって下さい。

c0334283_15165488.gif
金古美の国産メッキチェーン


・・・written by fufu.
Copyright © 2011 lulufufu All Rights Reserved.


[PR]
# by lulufufu | 2014-10-18 20:16 | 素材入荷~こだわりの素材を集めて



アクセサリーの制作風景や使用素材の記録
by lulufufu
カテゴリ
作品発表~まもなくお店に並びます
制作風景~ただ今制作しております
素材入荷~こだわりの素材を集めて
lulufufu オンラインショップ
c0334283_19585838.gif
ご紹介した作品は
こちらからご購入いただけます。

fufuの自由気ままに
オンラインショップの最新情報
を発信しているブログです。
新作の発表や制作風景などに加え、ハンドメイドサイトへの出品についての情報をお伝えしています。
lulufufu stores店
最新の記事
クリスタルガラスの鉛について
at 2014-10-23 11:20
合金メッキと鉛のクリスタルガラス
at 2014-10-18 20:16
最新のトラックバック
以前の記事
2014年 10月
その他のジャンル